あなたのホームページが「イケてない」5つの理由

アクセス数が伸びないホームページには理由がある

ホームページを作ってしばらく運営しているのに閲覧数がまったく伸びないという場合、ページのコンテンツ、あるいはデザインになにかしらの問題があるかもしれません。では、訪問者に見限られてしまう、あるいは敬遠されるホームページは、なぜそのように思われてしまうのでしょうか。これには5つの理由が考えられます。
まず一つ目は、コンテンツ自体が面白くないというものです。たとえば、一行か二行程度で終わる日記を毎日アップしたとして、それを楽しみにアクセスする人はどれぐらいいるでしょうか。日記を書いているのが有名人であれば、どんなにつまらなくてもファンがアクセスしてくれるかもしれませんが、一般人が内容のない日記をアップしても定期的に読みにくる人はほとんどいなでしょう。

image

閲覧者のことを考えていないホームページはイケてない


二つ目は長く更新がなく、放置されているというものです。何かのデータをまとめて載せているような資料型のホームページであれば更新がなくてもいいですが、作った料理の画像をアップしたり、ドラマや映画の感想を載せたりしているブログの場合、更新がなければ訪問者の興味はほかのブログに移ってしまいます。
三つ目はデザインが読みづらいというものです。たとえば、豆粒のような小さな字でびっしりと文章を書いていたり、背景色が黒で文字色が灰色などになっていると、いくら内容が面白くても読むのが大変なので敬遠されます。
四つ目はサイトが重いというものです。不安定なレンタルサーバーを使っていると、アクセスしてもいつもエラーだったり、あるいはサイトの表示に一分も二分もかかったりしてしまいます。
五つ目はウイルスに感染しているというものです。こうしたサイトに対しては、検索サイトやブラウザが警告を出すので誰もアクセスしなくなります。